南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 圧倒的マイナスイオン! 高森町の不動滝へ行ってみました

圧倒的マイナスイオン! 高森町の不動滝へ行ってみました

こんにちは、”リニアの街”魅力発信隊のD.Mです。

先日、高森町大島山の麓にある”不動滝”へ行ってきました。

自身、生まれも育ちも飯田下伊那の人間ですが、この不動滝へ訪れるのは初めてです。

瑠璃寺を越え林道でひたすら軽トラを走らせ、駐車場に車を停め歩きます。

※実はここでちょっとしたミスをしております。

10分程林道を歩いて登ると、別の駐車場が…。リサーチ不足でありましたが、まあ健康には良かったでしょう。

 

この駐車場から続く山道を歩くと、休憩所がありました。中を覗くと四季おりおりの写真や、水引の工芸品が飾られています。下伊那地域の水引生産量は、全国の約70%を占めているんですよ。

休憩所から少し歩くと、大きな滝が見えてきました。近づきながら、感度の鈍い私でも感じられるマイナスイオンを堪能していると、水しぶきがかかりはじめました。前日まで雨降りが続いていたこともあってか、いつもより水量が多く、その分多く水が飛ぶのでしょう。15mから20mほど近づくとまるで土砂降りの雨のようで、服がびしょ濡れになってしまいました(雨合羽を着て来れば良かった…)。

※一見何てことは無さそうですが、写真を撮ったこの位置でもかなりの水しぶきがかかります。写真で伝わらないのが残念。

場所を変えてすぐ傍の橋から撮りました。この場所がこの日一番の撮影ポイントでした。

以上、不動滝のレポートでした。四季おりおりの姿を見せてくれるのがこの滝です。10月中下旬になれば周囲の木々がの葉が色とりどりに染まり、滝を彩ってくれます。冬になれば滝全体が凍り、壮観な景色を見せてくれることでしょう。

季節ごとに移ろう滝の七変化を、皆さまもご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

このブログのトップへ