南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 国境をかけていざ勝負!!~第31回峠の国盗り綱引き合戦~

国境をかけていざ勝負!!~第31回峠の国盗り綱引き合戦~

こんにちは。商工観光課のHTです。

南信州地域の山々にも綺麗な紅葉が見頃の時期となって参りました。

この時期恒例の「峠の国盗り綱引き合戦」が、10月28日(日)、長野県と静岡県の県境にある兵越(ひょうごし)峠で開催されました。昨年は台風の影響で中止されましたので、2年ぶりの開催。今年で31回目となります。

 

この2年間は、信州軍が2連勝を飾り、遠州側に過去最大の4mの領地を手に入れています。今年も連勝して5mに延ばしたいところです。

開会式が始まると、陣羽織の飯田市長と浜松市長を大将に戦の準備が本格化します。行司役は豊橋市副市長。牧野飯田市長のユーモアたっぷりな大将の口上に対し、鈴木浜松市長も公式な口上はここまでと前置きしつつ、笑いを誘う口上で応酬するなど、真剣さの中にも和やかな雰囲気に包まれました。

 

ゆるキャラ(「とおやま丸」(飯田市遠山郷)、「出世大名家康くん」(浜松市)や「出世法師直虎ちゃん」(浜松市))も応援に駆け付けました。

 

ゆるキャラやキッズ遠山太鼓のアトラクションが終わると、一般・子ども有志の参加による綱引き合戦。そして、いよいよ本戦!両軍選手入場

 

選手が整列すると、長野県、静岡県両県のメッセージ披露。土屋 智則 南信州地域振興局長は、「いざ行け!遠州軍をけちらすぞー、エイエイオー!!」と力強く掛け声をかけていました。

 

  

勝負は三本勝負で先に二勝した側の勝ちです。観ている観客も応援に力が入ります。

一本目は僅差で遠州軍の勝利

位置を替えての2本目。今度は勝つぞ!

我慢の力比べと駆け引きが続き、1分半過ぎに、信州軍は一斉に力を入れての勝負に出ました・・・わずかな差でしたが遠州軍に軍配。非常に残念ですが、信州軍は負けてしまいました。

 

勝敗が決すれば、両軍選手が互いの健闘を称え合います。「領地明渡し・閉会式」と続き、遠州軍が1m領地を取り戻した形となりました。通算成績は信州軍の17勝14敗に。今回も大いに盛り上がった「峠の国盗り綱引き合戦」、このイベントを通じ、飯田市(南信濃)と浜松市(水窪)を中心に三遠南信地域の交流が深まっています。
例年、この季節に開催されている両県の何とも温かな真剣勝負。
是非、皆さんも紅葉を観賞しつつ、「峠の国盗り綱引き合戦」を楽しんでみてはいかがでしょうか。
来年の信州軍の勝利を祈りつつ・・・。

1 2

このブログのトップへ