南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

飯田線秘境駅号の旅 その1

4月21日の日曜日、天気もよくどこかへ行きたいと思い立ち、飯田駅へ行ってみたところ「秘境駅号」の席が空いているとのこと。この列車は新緑と紅葉の期間に秘境駅を訪ねながら飯田駅と豊橋駅を結ぶ急行列車です。豊橋駅発→飯田駅行き飯田駅発→豊橋駅行きの2コースがあり、4か月前からネットで予約可能、大人気で大半の座席が埋まってしまうそうです。今回は秘境駅六つを訪ね、今日中に帰ってこられる飯田駅~大嵐駅(おおぞれ)の間を往復することにしました。

飯田駅発13:09です。

列車の正面には「飯田線 秘境駅号」の表示がありました。

車窓からの天竜川の風景です。見どころでは車内のアナウンスがあり徐行運転してくれます。

最初の秘境駅は千代駅です。最新の秘境駅ランキングは42位。停車時間は4分です。
停車時間は短くても皆さん列車から降りて駅の近くを散策しています。

駅のホームの端から端まで80mを歩るくか、駅名票を触ると長寿に恵まれるそうです。早速、触っている人がいました。「代」の字に触るのがコツのようです。

二つ目の秘境駅は金野駅です。最新の秘境駅ランキングは12位。停車時間は4分です。

この駅では、駅名票を触ると金運に恵まれるということで、それも「金」の字に触ると金運に恵まれるそうです。

金野駅を出ると飯田線について車内アナウンスがありました。
飯田線は辰野から豊橋まで195.7kmあり、駅数は辰野駅、豊橋駅を含め94駅で約2.1kmに1つの割合で駅があることになります。トンネルは138箇所、橋梁は379箇所あります。普通電車で辰野から豊橋まで最短で5時間30分かかります。

その2に続く〈農地整備課〉

このブログのトップへ