南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

南信州魅力発見の旅

農地整備課の中年Yです。

秋晴れに恵まれた10/15(土)、南信州の秘境等を巡ってみました。

県外のお客さんを案内するための下見ですが、設定したコースは、「天竜ライン下り」→「飯田線乗車(唐笠~金野~千代~天竜峡)」→「川本喜八郎人形美術館」→「下栗の里」→「飯田市南信濃(泊)」→「今年30回目を迎える峠の国取り綱引き合戦(一般の部参加)」→「中郷流宮岩」という具合です。

下見をしたこの日は、「天竜ライン下り」の船には乗ったつもりで、JR天竜峡駅7:48発豊橋行きの電車に乗り、唐笠駅で下車。「天竜ライン下り」の下船の場所を見て、唐笠駅から天竜峡駅まで復路も電車で戻ってきました。その後、下栗の里まで行き、「ビューポイント」までを往復しました。

DSCN4287 DSCN4311

【朝の天竜峡 10/15 7:30頃】     【天竜ライン下りの起点の船着き場はJR天竜峡駅からすぐ】

DSCN4295

【天竜ライン下りの終点の唐笠港はJR唐笠駅からすぐ】

DSCN4322

【ビューポイントから眺めた下栗の里】

その後、下栗の里で聞取りした情報を基に遠山谷を眺める新しいビュースポットを求めて車を走らせますが、辿り付いた場所は、どうやら思い描いていた場所(下に川が無い・・・)ではありませんでした。

 

DSCN4346

しかし、彷徨っている間に「ヒノキの埋没林」も見ることができ、思わぬ収穫でした!!

DSCN4344 DSCN4331

DSCN4350

【中郷流宮岩】

遠山谷を眺める新しいビュースポットを求めた旅は翌日に持ち越しとなりました。(続きにご期待下さい!!)

地図は「ヒノキの埋没林(飯田市南信濃 小道木地区)」

このブログのトップへ