南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の伝統・文化・史跡 > 夜空を彩る!!大宮諏訪神社(飯田市)の花火

夜空を彩る!!大宮諏訪神社(飯田市)の花火

農地整備課の中年Yです。

8月25日(土)、大宮諏訪神社(飯田市)秋季祭典奉納煙火を見に行ってきました!!

祭典は1700年代頃から続くとされる伝統行事で秋の収穫や無病息災を祈願するものだそうです。

打ち上げ会場は飯田市武道館隣の飯田市立東中学校の校庭です。19時30分から夜打ちがスタート。

【夜空を彩る花火】

氏子の皆さんがみこしを担いで「キオイ(地元で「みこしの巡行」を指す)」ながら道を練り歩き盛り上がるなか、20時30分頃からは、仕掛け花火。

【仕掛けのナイアガラが始まった瞬間】

ナイアガラが観客を魅了した後は、祭典を締めくくるには欠かせない大三国(手筒花火)

火の粉を出しては治まり、また出しては治まり、と4回ほど繰り返した後に、最後は爆発して終了します。爆発の瞬間は火の粉が高く舞い上がりそれは見事です!!

【見事に火の粉を放つ大三国】

 

南信州の秋祭りはこれからが本番です!!花火を見て残暑を吹き飛ばしましょう!!

 

≪南信州の花火イベント情報≫

●長姫神社 秋季祭礼(飯田市) 9月15日(土) 19:30~21:30

飯田城主だった堀家藩主の「御三霊(ごさんれい)」を祀(まつ)る神社のお祭り。みこしの競演や独特の“はざみこし”で銀座通りは盛り上がり、追い打ちやスターマイン、そして大三国で最高潮に!

●上清内路諏訪神社 秋季例祭(阿智村) 10月6日(土)19:00~

約270年の歴史を誇る、村民による手作り花火。平成4年9月に長野県の無形民俗文化財に指定されています。

南信州の花火イベントは、まだまであります。詳しくは、こちらをご覧ください。

1 2

このブログのトップへ