南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の林業 > 地域ぐるみでシカ・イノシシ被害を防ぐ!(飯田市千代地区)

地域ぐるみでシカ・イノシシ被害を防ぐ!(飯田市千代地区)

林務課です。

この飯伊地域は、野生鳥獣被害がとても大きい地域です。

その被害を抑えようと、各地で「動物の侵入を防ぐ防護柵」が集落全体を囲うように設置されていて、その距離は270kmを超えています。

工事自体は、業者が実施する例が多いのですが、準備・調査・調整・測量などは、地域のみなさんが協力しあって、手間ひまのかかる作業を行っています。

平成28年7月17日(日)は、飯田市千代地区の事前調査(柵の位置を決めて、杭を打つ作業)が行われ、20人以上が参加しました。

梅雨明け直前の暑いなか、急勾配の森林を上りながら、杭を打っていきます。森林内にもイノシシの足跡がたくさんありました。

それぞれの畑を電気柵などで囲うのもひとつの手ですが、地域ぐるみで広域に対策すると高い効果が現れます。野生鳥獣被害の対策は、「相手を知る」「守る」「捕獲する」の3点全てに力を注ぐと、被害を減らすことができます。

千代地区の活動は完成まで、時々投稿させていただきたいと思います。

IMG_3227 IMG_3226 IMG_3224 IMG_3223

 

このブログのトップへ