長野県は日本一

長野県には、誇れる日本一がたくさんあります。 長野県は、「行ってみたい」 「見てみたい」「住んでみたい」「経験してみたい」魅力にあふれています。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県は日本一 > 多分、日本一 > 2018年は県歌制定50周年!長野県民おなじみの『信濃の国』

2018年は県歌制定50周年!長野県民おなじみの『信濃の国』

そびゆる山はいや高く 流るる川はいや遠し

松本伊那佐久善光寺 四つの平は肥沃の地

海こそなけれ物さわに よろず足らわぬ事ぞなき

 

 

10の県と隣接していて、

高い山や長い川があり、

肥沃な盆地があり、

海はないけれど、足りないものはない

 

 

1番を見ただけでも、

コンパクトな歌詞の中に

信州の魅力が凝縮されているのが分かります!

 

『信濃の国』は、

119年前に長野県師範学校の二人の教諭が

それぞれ作詞作曲しました。

 

6番までの歌は、全428文字。

 

信州の雄大な自然や産業、

名所・偉人の名前まで盛りだくさんです。

 

1番は完ぺきに歌えるけれど、

1 2 3 4 5

このブログのトップへ