自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

丸畑渓谷(南信州売木村のポットホール)

face08 南信州の下伊那地域には見応えのあるポットホール(甌穴:おうけつ)がたくさんあります。ポットホールというのは、河床の岩盤表面に円柱状に開けられた縦穴で、水流と礫(れき)によって削られて出来たと考えられる自然の造形です。
 売木村の丸畑渓谷(売木川)には、日本一形が美しい※とも言われる親子のポットホールがあります。大きな方は直径3mくらいで、小さい方は直径50~60㎝です。
(注※:伊那谷自然友の会報No.39(1992年)にそのように紹介されています)



 面白いのは、この大小のポットホールが隣接していて、小さいほうの穴の側面が削られて、穴の断面が横からきれいに見えることです。どっちが親で、どっちが子なのかは、解釈によって意見が分かれるかもしれません。
 きれいなポットホールが出来るには、かたくて均質な岩盤と勢いのある水流、かたい礫、適度の亀裂などの要素が不可欠です。じつは美しいポットホールは南信や中信地域に多く、東信や北信地域にはあまりみられません。それは長野県の地質が東西で大きく異なっていることの表れです。その土地の歴史を物語る証拠ともいえる美しいポットホールは、まさしく地域の遺産といえます。ポットホールのすぐ下流には、瀬戸の滝がとどろきをあげていました。
 
       ~ 滝壺のうへにむっつり 藤の花 ~

このブログのトップへ