来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

松本駅から見る槍ヶ岳

4月から松本合同庁舎で勤務するようになりましたが、毎日北アルプスの美しい山並みが見られて、とても豊かな気持ちになります。今回は、結構知っているようで知らない情報を紹介します。
これが、JR松本駅アルプス口から見た槍ヶ岳のテッペンです。

常念岳の左下にヒョッコリと三角の頭を出しているのが見えますか?
良く見ないと見えません。見る気で見ないと気づきません。
JR松本駅アルプス口の2階コンコースに、写真のような北アルプスの山並みを説明した案内があります。そして、松本駅から槍ヶ岳の頂上付近が展望できることを示しています。

 

視力の悪い人はデジタルカメラで撮影した後、画面を拡大すると認識できるでしょう。
青空の澄み切った天気でないと良く分かりません。
ちなみに、長野県の松本合同庁舎では山に近づきすぎて槍ヶ岳は見えません。

駅と合庁の中間にある渚1丁目の交差点では何とか槍ヶ岳の頂上部分が見えます。
松本市街地ならば松本城から望む北アルプスの中に、常念岳の左に尖った槍ヶ岳がちょっと三角に見えて見やすいでしょう。

なお、長野県の上田合同庁舎からも槍ヶ岳の頂上部分が見えます。
近すぎても見えず、遠くに離れると見えるのが面白いですね。

 

このブログのトップへ