来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > その他 > 第6回「木育フェスティバル イン 信州しおじり」が開催されました

第6回「木育フェスティバル イン 信州しおじり」が開催されました

木に触れ、木の良さを知り、木を使うことの大切さを楽しみながら学べるイベント「木育フェスティバル イン 信州しおじり」が11月19日(土)から20日(日)の2日間、塩尻市の「ウイングロード」で開催されました。

1日目は雨、2日目は山雅の大事な試合と重なったにもかかわらず、3000人近くの方が参加され、木との触れ合いを楽しまれていました。

DSCN3346

オープニングセレモニーの風景、あいさつしている人の前にいるのは、マスコットのロボキー君です。

DSCN3415

毎回、子供たちに大人気!かんなくずのプールです。

子供の足型をフローリングの板に採って、

DSCN3427

絵をかいて、

DSCN3340

子供広場の床に敷いて行きます。今度来るときは、大きくなっているかな。

DSCN3423

 

DSCN3395

かんな削り体験コーナー

DSCN3431

このバラは、かんなくずで出来ています。

DSCN3375

木工作の体験や、

DSCN3377

地域で育ったカラマツを使った家具の展示もありました。

イベントにご参加いただきました皆さん!ありがとうございました。

今後もこうしたイベントを通じて木と触れ合う機会をもっと広めていきたいと思います。

1 2

このブログのトップへ