来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 地域振興 > 「派遣研修職員通信」日本ウェルネス高等学校信州筑北キャンパスの誘致が決まりました

「派遣研修職員通信」日本ウェルネス高等学校信州筑北キャンパスの誘致が決まりました

 筑北村への派遣研修職員 石川です。
 平成27年2月3日(火)、筑北村坂北総合福祉センターにおいて、「筑北村と日本ウェルネス高等学校信州筑北キャンパスとの連携に関する基本協定書調印式」が行われました。
1-1
 協定書を交わす関川村長(左)と柴岡理事長

 これにより、今年秋に予定されている日本ウェルネス高等学校信州筑北キャンパスの開校(筑北村で初となる高等学校の開校!)のほか、教育やスポーツの振興に向けて緊密に連携していくことになりました。
 日本ウェルネス高等学校を含む学校法人タイケン学園グループでは、オリンピック代表選手などのアスリート、ペットトリミング全国競技会での優勝者など専門分野の人材を全国に数多く輩出しています。
 県内では、松本キャンパスの生徒がU18長野県フットサル大会で優勝するなど活躍しています。

 信州筑北キャンパスの校舎は、坂北小学校との統合により空き校舎となる本城小学校を活用し、スポーツコース、理美容師養成、ドックトリマー、総合コースの生徒たちが勉学に励むことになります。また、学園では地域貢献にも力を入れており、生徒たちによるボランティア活動、農作業の実習を行うほか、各種スポーツイベントの開催や総合型地域スポーツクラブの設立などでも村を支援していく予定です。
 生徒や教職員は村の空き家等を活用した寮に入り、筑北村の住民となります。

 生徒たちの若いエネルギーが村に元気をもたらしてくれそうです。

このブログのトップへ