来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 商・工・農・林 > 信州F・POWERプロジェクト  現場だよりNo.2

信州F・POWERプロジェクト  現場だよりNo.2

 4月17日 現地見学会を実施しました。

 信州F・POWERプロジェクトとは、塩尻市片丘地区に「木材加工と木質バイオマス」の最先端の大型工場を建設し、長野県内の豊かな森林資源を活用していこうという壮大なプランです。
 
 当該プロジェクトの造成工事が進み、全容がわかる段階になったため、行政関係者による見学会を開催しました。

 征矢野建材株式会社(事業主体)、建設会社の所長さん、塩尻市担当者が説明者となり、丁寧に現場の案内や事業内容を説明いただきました。(参加者55人)

 これほど大きな木材加工工場は全国的にも珍しく、初めて現場を見た参加者は驚きを隠せない様子でした。
 
 平成27年に稼動の予定ですが、完成時には、大量の原木を安定供給する必要があります。長野県全体の今まで整備してきた森林から、しっかりと木材を生産するために、関係者が連携を図り、具体的に動く時が来ています。

 
(お願い)
 安全管理上から現場への立入りはしないようにお願いします。


(施工地東側から発電エリアを望む)

(造成地入口付近で説明を聞く出席者)

(巨大な建設機械がこの大きな造成地で活躍しています)  

このブログのトップへ