来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

森の中での危険を避けるために

林業総合センター ぶらた森です。

林業総合センターのキャンプ場の周囲は、立ち入り禁止ですが、人との距離を取りやすい屋外の散策には、手ごろな季節となりました。
温かい春の陽気に誘われて、4月9日には標高の高い林業総合センターでもサクラが開花しました

そろそろ、散策される方も増えてくることから、構内の歩道を歩いて確認する見守り点検を実施しました。


点検では、小グループに分かれて、歩道や車道を歩いて、高枝切りの鋸などを用いて、可能な限り危険な枯枝を除去してきました。

毎年、同じコースを歩いて多くの目で点検を行うとともに、日常的にも見回りは続けていますが、やはり冬を越えるといくつもの枯枝が気になります。

このようにして、皆さんが散策される場所の安全を確保するように努めていますが、どうしても除去できない枝などがある場所へは、注意看板を取り付けています。
もし、構内を散策していて、注意看板を見かけましたら、立ち止まることなく、その場を離れるようにしてください。
また、仮にそうした看板が無い場所でも、危ないと思える場所があるかもしれません。こうしたことを避けるためにも、ヘルメットの着用をお願いしています。
ヘルメットにつきましては、林業総合センター構内にある森林学習展示館に用意してありますので、お使いいただければ幸いです。

今回も多くの職員で見回りを行いましたが、散策区域から離れた場所で、危険木があるとの情報がありましたので、早速職員が伐採作業を行いました。

 

林業総合センターでは、病害虫がまん延する危険性があるなど森林への悪影響が危惧される場合は、立木の伐採を行いますが、危険が少ないと判断している場所では、枯れ木を残している場合もあります。

林業総合センターの敷地内では、様々な試験研究や研修が行われているため、森林学習展示館よりも山側のエリアは、たとえ歩道が整備されていたとしても、一般の皆様には公開しておりません。
キャンプ場のまわりで伐採作業を行っているなど、立入禁止の場所も多いことから、 林業総合センター構内の森林を歩かれる際は、構内にある森林学習展示館をお尋ねいただき、職員から情報を得たうえで、歩道を散策していただくようお願い申し上げます。

この森林学習展示館は、日曜祝日も開館しており、駐車場も完備され、月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)を除く9時から16時までは職員が常駐しています。

〈本件に関するお問い合わせ先〉
林業総合センター 指導部
TEL:0263-52-0600
FAX:0263-51-1311
E-mail:ringyosogo@pref.nagano.lg.jp

林業総合センター 森林学習展示館
TEL&FAX:0263-88-2035 (展示館直通)

1 2

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

松本地域振興局 総務管理課
TEL:0263-40-1955
FAX:0263-47-7821