楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■アレ☆これ☆信州 > Vol.43■とく☆とく信州 みそすき丼 【須坂市】

Vol.43■とく☆とく信州 みそすき丼 【須坂市】

このコンテンツでは、信州の特産品などを紹介していきます。今回は、「どんぶりもの」特集として、ご当地どんぶりを紹介します。

第1回 大正浪漫の味「みそすき丼」 【須坂市】

須坂市は寒暖の差が大きく、みそ造りに大切な発酵・熟成の適地。現在5つの味噌蔵があり、全国に誇れる特徴ある味噌を造っています。
この味噌のまち須坂で、地元のみそを使った料理で“まちおこし”をしようと、平成15年に「信州須坂みそ料理乃會」(現在は22店で構成)が発足。
平成19年には、會で統一した料理を作ろうと、須坂の製糸業が盛んだった大正期、買い付けに来た商人に振る舞った須坂みそで味付けしたすき焼きを現代に復活させ、「信州須坂みそすき丼」を開発。1年間にわたる研究の末、ようやく今の味にたどりつきました。


みそすき丼は、須坂みそを使った割り下と須坂の伝統野菜「村山早生ごぼう」(色が白くて柔らかく、アク抜きがいらない)を使用するのが条件になっており、各店がオリジナルのみそすき丼を提供しています。

イメージキャラクターとして「みそすき丼マン」を決定。テレビや雑誌などのメディアにも紹介され、人気急上昇中です。
そして、「みそすき丼」を扱うお店も増えています。
みそすき丼はもとより、「信州須坂みそ」を使った和・洋・中とバリエーション豊富なみそ料理がいっぱい。
信州須坂のみそ料理を、ぜひ一度ご賞味くださいね。

須坂市の「みそ料理」はコチラ(パソコン用)

【報告】 須坂市 商業観光課

このブログのトップへ