楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■アレ☆これ☆信州 > Vol82■とく☆とく信州 光前寺開創1150年祭

Vol82■とく☆とく信州 光前寺開創1150年祭

光前寺開創1150年祭と御開帳【駒ヶ根市】

伊那谷の中央部に位置する駒ヶ根市の光前寺は、平安時代の貞観2年(860年)に開創した、県内屈指の古刹です。
今年は、開創1150年の節目の年であると共に、7年に一度の御開帳の年でもあります。
これを機として「ふれ愛1150(いいご縁)光前寺1150年祭」を開催します。


光前寺の開祖本聖上人は、比叡山での研学修行の後、この地に移り住んで修行をしました。その際、仏の夢告により太田切黒川の瀑中より不動明王の尊像を授かり、これをご本尊として光前寺を開きました。

今年は、春と秋の御開帳を中心とし、4月~11月にかけて市内各所で楽しいイベントが盛りだくさんです。

■春季御開帳
 4月3日(土)~5月9日(日)
■秋季御開帳
 10月23日(土)~11月14日(日)
本堂前に回向柱が立てられ、これに触れることで御本尊・不動明王にお参りしたのと同じご利益を授かることができます。
また、御開帳期間中の毎週土日及び祝日には、光前寺門前横丁として市を開催します。

■開創1150年祭 4月3日(土)~11月30日(火)
・いいご縁春祭り 4月29・30日 
光前寺門前にて行なわれる門前横丁のグレードアップ版!
南信州の丼が味わえる「南信州丼まつり」や、友好都市の静岡県磐田市の特産品販売が行われます。
・光前寺宝物展
駒ヶ根高原美術館で、光前寺所有の宝物を一般公開します。
・スタンプラリー
市内各所に設置したスタンプを集めて応募すると、毎月駒ヶ根の特産品が当たります。(4月3日~11月14日)

光前寺は、4月中旬頃に満開を迎えるしだれ桜見物(ライトアップは4月中旬~下旬)や国の名勝庭園、霊犬早太郎伝説、国の天然記念物の光苔、などで有名です。

みなさん、春の駒ヶ根で素敵な「いいご縁」を見つけてみませんか。

光前寺はコチラ≫(パソコン用)
駒ヶ根市の観光情報はコチラ≫(パソコン用携帯用

1 2

このブログのトップへ