楽園信州

信州の旬情報をお届け!

Vol.39 特集■信州の道の駅

ゴールデンウィークです!道の駅の特選グルメ

いよいよ待ちに待ったGWが到来しました。
高原の風を浴び、芽吹きはじめた木が美しいこの時期の信州はドライブに最高です。
ドライブといえば、立ち寄りたいのが「道の駅」。地域の特産品が並び、グルメが楽しめ、温泉で一休み。スルーなんて、絶対ムリ!(笑)
そんなあなたのために、今回は信州の道の駅のとっておき情報をご案内しましょう。


■えっ、ここが道の駅!?
道の駅でご飯を食べるなら、道の駅に並ぶ新鮮な素材を使った、いつもとちょっと違う料理を味わってみたくないですか?
そんな声に応えたような、「えっ、ここが道の駅!?」と思ってしまうような素敵なレストランがあるんですよ。

信州ジビエの第一人者、藤木徳彦シェフがプロデュースしたのが【池田町ハーブセンター】の【ビストロカモミール】。2年前にオープンした、「地産地消」を目指したレストランです。池田町広津産の黒豚や北アルプスの伏流水で育ったニジマス、稀少なウコッケイの卵といった地元食材を、郷土料理としてではなく、盛り付けも艶やかな”レストランのおもてなし料理”として楽しめるんですよ。

池田町ハーブセンターはコチラ≫
ビストロカモミールはコチラ≫

【道の駅 南アルプスむら長谷(伊那市)】には、3年前に【野のもの】がオープン。木の温もりがいっぱいの手作りの家具の店内と雑穀や健康食材アマランサスを使った自然派志向のメニューが人気になっていますよ。

道の駅 南アルプスむら長谷はコチラ≫
野のものはコチラ≫
アマランサスについてはコチラ≫

■木曽ならかわにフィンランドの味?
【道の駅 木曽ならかわ(塩尻市)】の【木曽くらしの工芸館】には、フィンランド料理が味わえる【カフェ・ユーライフ】があります。
オーナーの河西ウッラさんは、日本へ移住して30年余。フィンランドの家庭料理と、素朴なおふくろの味を楽しんでもらいたいとの思いからこの店を始めたそうです。一番人気のドーナツ、ムンッキをはじめ、ブルーチーズを使ったアリアのスパゲッティなど、日本では珍しい北欧の味が楽しめます。
漆の実を焙煎して仕上げた名物「うるし珈琲」は、薬膳茶のような味わいで、漆器のまち平沢ならではの味です。

道の駅 木曽ならかわ・木曽くらしの工芸館にはコチラ≫
カフェ・ユーライフはコチラ≫

■道の駅ならではのご当地グルメを満喫
地元の料理を気軽に味わえるのが、道の駅の大きな魅力。どれにしようか選ぶのも、嬉しいやら、悩ましいやら(笑)

1 2 3

このブログのトップへ