楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■エリアで捜す > Vol.50■特集 花火が彩る諏訪の夏

Vol.50■特集 花火が彩る諏訪の夏

信州の夏が幕をあけました!

花火大会も、各地で行われています。
身体の芯に響く打ち上げ音、辺りに漂う火薬の匂い…。これぞ夏の風物詩。
さて、信州の花火といえば忘れてはならないのが、8月15日に行われる【諏訪湖祭湖上花火大会】ですよね。


打ち上げ数の多さ、花火の大きさや美しさに目を見張る

打ち上げ数およそ4万2千発、湖上に半円を描く水上スターマインに、フィナーレを飾るナイヤガラなど、息もつかせぬ迫力の全国に名だたる大・大・花火大会です。
(それだけに混雑は必至。せっかく行くなら、有料席を購入してみたらいかがでしょう。これから販売される席もありますよ。)


諏訪の夏は、この大花火大会だけに留まりません。
【サマーナイトファイヤーフェスティバル】と銘打ち、8月1日〜9月4日までの毎日(8月15日を除く)、20:30から約15分間(およそ8百発)の花火が楽しめます。
毎日行われているので混雑も気にせず、気軽に見られるのがいいところ。

さらに9月5日には、【全国新作花火競技大会】も。
煙火師が技を競う、こちらも人気の花火大会。19:00から20:45まで、およそ1万7千発のさまざまな色や形の花火が晩夏の夜空を染め上げます。

9月6日には、【サマーナイトファイヤーフェスティバルファイナル】として、19:30から20:50まで、太鼓の演奏や音楽とシンクロした花火の打ち上げ(花火と音楽のコラボレーション)といったイベントが開催され、およそ1万2千発が今年の諏訪湖の花火大会を締めくくります。

諏訪湖の花火についてはコチラ≫(パソコン用) (携帯用)

花火が始まる時間まで、ぶらりと湖畔を散策してみてはいかがですか。
まずは、温泉。諏訪は、公園やデパート、駅の構内なんていう珍しい場所でも温泉や足湯が楽しめちゃうほどの、信州でも屈指の温泉地なんですよ。


なんと駅のホームにも足湯が!

そして湖畔には【北澤美術館】や【原田泰治美術館】など個性あふれる美術館が立ち並んでいます。


西洋絵画、日本画、ガラス工芸など展示品もさまざま

7月24日・25日には諏訪湖周14の美術館・博物館が深夜0時まで鑑賞できるアートイベント「諏訪の長い夜」が行われ、8月1日〜8月10日には「諏訪湖音楽の夕べ」が毎夜開催されます。

諏訪の長い夜についてはコチラ≫(パソコン用) 
こちらも参考に→週刊信州vol.15 諏訪湖畔を巡る旅(パソコン・携帯兼用)

ほかにもオススメしたいのが【上諏訪街道の酒蔵巡り】。
通称「上諏訪街道」と呼ばれる甲州街道(国道20号)沿い、情緒あふれるたたずまいの5軒の酒蔵が軒を連ねています。駅から近く、歩いて行かれる距離ですので、ぜひ訪ねてみてくださいね。


お気に入りの酒を見つけてお土産にしてもいいですね
1 2

このブログのトップへ