楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■エリアで捜す > Vol79■江戸時代の面影残す宿場町「海野宿」を散策

Vol79■江戸時代の面影残す宿場町「海野宿」を散策

「うだつ」とは、梁の上に立てた、棟木(むなぎ)を支える短い柱のことで、棟木に頭を押さえられていて頭が上がらない、生活や地位が向上しない、との意味から、「うだつが上がらない」ということわざの語源と云われています。富裕層が大変なお金を投じて建てたうだつは必見ですよ!

「宿場町」と「養蚕の村」二つの顔を持つ海野宿。
旅籠屋造りの建物を利用して作られて【海野宿資料館】にも立ち寄って、歴史を勉強してから町を歩くと当時の面影をより深く感じられるはずです。

東御市観光協会 海野宿・海野宿資料館はコチラ≫(パソコン用)
東御市ホームページ 海野宿はコチラ≫(パソコン用)
北国街道についてはコチラ≫(パソコン用)
海野宿周辺の観光はコチラ≫(パソコン用) (携帯用)

■お問い合わせ
東御市観光協会 TEL:0268-62-1111 

関連ブログ紹介「北国街道 海野宿」
YAHOO!ブログはコチラ≫(パソコン用)
Googleブログはコチラ≫(パソコン用)

1 2

このブログのトップへ