い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 歴史・祭・暮らし > ~霊犬 早太郎伝説と光苔の寺~「光前寺」

~霊犬 早太郎伝説と光苔の寺~「光前寺」

こんにちは (^o^)丿
上伊那地域魅力発掘探検隊のWです。
私たち探検隊「歴史・祭・暮らしグループ」は、先日、駒ヶ根高原の光前寺を訪れました。
霊犬 早太郎伝説、光苔、庭園、しだれ桜で有名なお寺で、境内林など境内全域が光前寺庭園として『国の名勝』に指定されています。また、光前寺を含む周辺は『郷土環境保全地域』に指定され、自然環境の保全が図られています。

樹齢数百年の杉の巨木と石垣の参道が参拝者を迎えます。石垣の隙間に目を凝らすと光苔が見えました。

樹木に囲まれた本堂です。本堂の隣では湧水が飲めます。

本堂には、霊犬 早太郎が鎮座しています。

~霊犬 早太郎伝説~
700年ほど昔の話。光前寺で飼われていた風のように早く走る「早太郎」という山犬は、遠州(現:静岡県磐田市)で娘をさらう怪物を死闘の末に退治し、村を災難から救いました。しかし傷ついた早太郎は光前寺へ戻ると静かに息を引き取ったそうです。この話は日本昔話にも登場し、身代わり、厄除け、災難除けの霊犬として信仰されています。

園内には、南信地域に唯一残っている三重塔があります。

霊犬 早太郎のおみくじです。かわいいですね。

光前寺のすぐ隣には駒ヶ根高原美術館があります。

駒ヶ根高原に位置する光前寺。駒ヶ根高原美術館が隣接していますし、駒ヶ根ファームス、家族旅行村、スキー場など、春夏秋冬を通じ見どころ味わいどころが近くに沢山あります。皆さん是非お出かけしてみませんか。

1 2

このブログのトップへ