い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 歴史・祭・暮らし > 上伊那出身「セールスマンの神様」の本を読む

上伊那出身「セールスマンの神様」の本を読む

こんにちは。

先日『高遠町誌』を読んでいたところ、

高遠町(現伊那市)出身で、

「セールスマンの神様」と呼ばれていたがいたことを知りました。

 

原 一平さん(1904-1983)と言う方です。

 

興味がわいたので、アマゾンで氏の著書を購入し、

図書館で氏関連の本を借りて読んでみました。

 

氏は、明治生命の入社試験を受けた時、試験官に次のように言われたそうです。

「君はこんな難しい仕事のできる人間ではない」

 

(なに!)

と発奮した氏は保険セールスの道に入りますが、最初は苦労の連続。

・見習いということで会社に自分の机がなく、下宿の机を持ち込み。

・金がなく、昼飯抜きの生活。電車にも乗らずとにかく歩き。

・下宿代を滞納して追い出され、公園のベンチで寝泊まりする。

 

すごいですね・・・

この言葉しか浮かびません。

 

こうした苦労をバネに全国トップの業績をあげるようになり、

ついには、保険契約高世界第一位となります。

色々な逸話がある方で、

1 2 3

このブログのトップへ