い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 伊那建設事務所 > 平成27年度「道路クリーン作戦」に参加しました!

平成27年度「道路クリーン作戦」に参加しました!

伊那建設事務所 維持管理課のIです。

6月16日(火)に上伊那管内において、平成27年度「道路クリーン作戦」が実施されました。
この活動は、「地域の道路をきれいにする」という建設産業界の奉仕活動の一環として、1981年より行われており、今回で35回目となります。

 

今回は、建設産業関連団体287名・市町村職員61名・伊那建設事務所職員27名の合計375名が参加しました。
実施場所は、
《国・県道》国道3路線111.7km、主要地方道8路線68.8km、一般県道11路線47.5km
《市町村道》17路線46km 《合計》39路線  274km
であり、合計300km近い距離を各地域に分かれ、ゴミ拾いなどを行いました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

―伊那市役所にてあいさつをする伊那建設事務所長―

 

私は、主要地方道伊那インター線、通称アクセス道路を担当しました。遠目からだときれいに見える道路でも、

実際に注意して歩いてみると、かなりのゴミが不法投棄されていました。

特に多かったのがたばこの吸い殻!至るところに転がっています。ほかにも空き缶やペットボトル、家庭ごみなどいろいろなものが捨てられていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  Exif_JPEG_PICTURE

―主要地方道 伊那インター線―                 ―ほかの路線での様子―

 

クリーン作戦の結果、365袋のごみが回収されました。ごみの内訳は空き缶・ビン70袋、可燃ゴミ98袋、不燃ゴミ197袋でした。前年度比は81.3%ということで、ゴミの量は減っています。

ゴミの量が減ったことは、ドライバーの皆さんの不法投棄をしないという意識が高まってきたということだと思います。

これからもきれいな道路を保っていきたいですね

 

ご多忙のところ、活動いただきました建設業協会伊那支部、測量設計業協会南信支部、天竜川上流砂利販売協同組合、上伊那生コン事業組合及び、水道工事組合の皆さん、本当にありがとうございました。

1 2

このブログのトップへ