い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 食・農・旅 > 上伊那名物 ソースカツ丼を食べてみました。

上伊那名物 ソースカツ丼を食べてみました。

発掘探検隊yです。

 

休日ランチ7回目の今回は、上伊那名物ソースカツ丼をご紹介します。

お伺いしたお店は、伊那市中央区にある「カジュアルレストランしらかば」

DSCN1442

開店時間と当時に到着するよう自宅を出てお店にいくと、すでにカウンター席には先客が。

まだ、カウンター席は空いていたものの、並んで(間に空席はあるが)食べるのもなにかと思い、テーブル席が埋まっていなかったので、ナイン1巻を片手に一番奥の席に座らせてもらいました。

 

メニューを開き、ランチメニューを見てみると、なにやらいろいろな組み合わせで注文ができるようです。

DSCN1425

DSCN1426

トンカツ、ヒレカツ、エビフライ、チキンカツ、メンチカツ、カキフライと、

量や本数を選んで、自分好みにカスタマイズできるようです。

 

どうしようか、しばらくメニューを凝視。

結局、ソースカツ丼が食べたい自分は、店員さんを呼んで、どう注文すればよいのかと、

尋ね、その結果、ランチメニューではない、かつ丼のロース ダブル盛り をいただくことにしました。

DSCN1427

Wソースカツ丼がこちら。

DSCN1434

さらに、こちら

DSCN1436

カットされたカツのなかでも、端にある油。 油のおいしそうなこと。

ヒレもいいけど、ガッツリと油が食べたいときは、いつもロースにしています。

 

1 2 3

このブログのトップへ