い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

珍味を食べてみました

発掘探検隊のyです。

 

皆さん、夏バテはしていないですか?

今年の夏は、特に暑く感じますが、年のせいでしょうか。

 

そんな夏バテの解消になるかわかりませんが、上伊那では昔から、ざざむしを食べる習慣があったそうで

ためしに食べることにしました。

 

なお、ざざ虫という名前の虫がいるのではなく、小石がある川の流れの穏かなところを「ざざ」と呼んでいて

ここを住みかにしている昆虫の幼虫を「ざざ虫」と呼んでいるんだそうです。

 

もちろん、それらを捕まえることはできないので、販売しているお店で購入しました。

DSCN0608

 

ざざむしの佃煮です。

良薬は口に苦しという言葉があるように、見た目引いてしまいそうなものほど、栄養が豊富で身体に良いと

自分に言い聞かせながら食べることにしました。

DSCN0610

ただ、小さい頃、イナゴかなにかの佃煮を食べた記憶が残っているのか、それほどの抵抗感はありません。

DSCN0611

肝心の味ですが、あくまでも個人的な感想ですが、まわりは「サクっと」中は「とろっと」した食感。

まるでエクレアを食べているようです。

 

今回は、そのまま食べましたが、次は、お茶漬けにしてわさびを入れて、食べてみるのもいいかもしれないと思いました。

 

1 2

このブログのトップへ