じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 総務管理課 > 行ってきました、こどもカフェ!その7上田市下武石「武石えんカフェ」

行ってきました、こどもカフェ!その7上田市下武石「武石えんカフェ」

皆さまこんにちは、総務管理課のぶんぷくです。

今年は梅雨が長かったですね~。家にこもるには最適ではありますが、行ってきました、こどもカフェ!今回ご紹介するのは上田市武石にある「ふれんず武石児童館」で月1回開催されている武石えんカフェです

▲えんカフェ会場

武石えんカフェは今年1月からスタートした新しいこどもカフェです。1月、2月と開催し、新型コロナの影響で3月から休止、久しぶりに再開されるということで7月18日(土)にお邪魔してきました。

会場の「ふれんず武石児童館」は「児童館」「子育て支援室」「学童保育所」の3機能を備え、子育て支援を行う地域の方々でつくるNPO法人「武石子育て支援を考える会」が指定管理している施設です。武石えんカフェはその施設内で毎月第3土曜日に開催しています。「みんなでご飯を食べよう!」と子どもたちがみんなでご飯を食べる・遊ぶ・学ぶをテーマに、「武石えん結びの会」が主催しています。

児童館に入ると、ありました!

児童館のスタッフの方が検温と体調確認をしてくださいます。

そしてまず驚いたのがこの広々とした空間!総吹き抜けで、風通しがとても良い建物です。

お昼ご飯の開始が11時45分頃ということで、ボランティアの方々は10時集合。今日はみんな大好き、カレーです!

今回は武石えん結びの会の方4名が厨房、1名が子供の見守り役を担当します。コロナ対応以前は、武石えん結びの会に登録されているメンバーの方で都合の良い方全員が参加して子どもたちと交流していましたが、現在は参加者をボランティアも含めて20名と限定しています。

それにしても、あれよあれよという間に出来上がっていきました。予定より早い食卓のセッティング!子どもたちは元気に外を駆けまわり、時々カブトムシを見せに来てくれていたのですが、カレーのいい香りがし始めると「まだ~?」「まだ~?」とやってきます。作り甲斐があるってものです。

 

手袋着用、きれいに机を消毒して、麦茶を並べます。子どもたちはもうソワソワ。ちなみに向かい合わせにならないように、隣と近くなりすぎないように、机の上に番号札を張っています。

さて今日のメニューは・・・

う~ん、おいしそう!!ルーは甘口と中辛を合わせて、大人も子どもにもおいしい辛さになっています。サラダもマヨネーズ味で、いい取り合わせ!

みんなで「いただきま~す!」

たくさんのいい笑顔!窓側メンバーは逆光になっちゃってごめんなさい

1 2

このブログのトップへ