じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 総務管理課 > 2019じょうしょう気流で振り返る上田地域のこの一年(その3)

2019じょうしょう気流で振り返る上田地域のこの一年(その3)

2019じょうしょう気流で振り返る上田地域のこの一年 その3です。

 

【8月から9月 菅平高原がラグビーで大盛り上がり】

日本では今年「ラグビーワールドカップ2019™」が開催されました。上田市菅平高原ではイタリア代表チームが9月8日から14日までトレーニングキャンプを行い、上田駅でのお出迎えやお見送りなど、住民との交流も図られました。
さらに今年は、関東大学ラグビーの開幕戦がサニアパーク菅平で行われ、2日間で6000人近い観客が訪れる盛り上がりをみせました。

 

【10月 2020ため池フォーラム信州in上田に向けたイベントが開催されました】

来年上田市で開催される全国ため池フォーラムのプレイベント「ありがとうため池まつり」が10月5,6日に開催されました。伝統の雨乞い行事「百八手」の再現など様々な催しが行われ、多くの参加者で賑わいました。

また、11月に三重県で行われた「ため池フォーラムinみえ」では次回開催県として、上田地域のため池や観光スポットを動画でPR。全国から多くの皆様にお越しいただけるよう、これから企画を練り上げてまいります。

 

水と巡る旅日記「塩田平でため池まつり!」

 

 

【CSF(豚コレラ)対策を実施しました】

野生イノシシによるCSFのまん延防止のため、県内を南北に縦断する形で「ワクチンベルト」の構築が行われ、上田市、長和町及び青木村の147か所(2,940個)へ、10月~12月に経口ワクチンを散布しました。

また、飼育豚へのワクチン接種が可能となり、管内全ての養豚場で接種が行われるとともに、野生イノシシの侵入防止を強化するため、養豚場への防護柵、防獣・防鳥ネット、消毒機器等の設置を支援しました。

 

【10月 県営かんがい排水事業「神川左岸地区」竣工式が開催されました】

平成21年から10年にわたり進めてきた県営かんがい排水事業「神川左岸地区」の竣工式が10月に行われました。

神川左岸幹線水路は、上田市から東御市にわたる烏帽子山麓の少雨地帯の重要な農業用水路で、事業の完了により用水が安定的に供給され、農業のさらなる振興が期待されます。

 

 

 

【10月 台風19号により上田地域でも大きな被害が発生しました】

10月12日上陸した台風19号により上田電鉄別所線千曲川橋梁や海野宿橋が崩落するなどし、別所線やしなの鉄道が運休したほか、多くの道路が通行止めになりました。また、多くの河川や農地・農業用施設が被災するなど、地域の暮らしや産業にも大きな被害が発生しました。

長野県ではONE NAGANO(ワン・ナガノ)を合言葉に、一日も早い復興・復旧を図ってまいります。

上田市別所温泉・鹿教湯温泉 元気に営業しています!!

別所温泉の「再興縁起湯旅」~みんなで復興に取り組もう!!”ONE NAGANO”を合言葉に~

 

【「地域発 元気づくり支援金」活用事業の優良事例実施団体の表彰式と事業成果発表会を開催しました】

平成30年度に「地域発 元気づくり支援金」を活用して実施した事業のうち、着眼点や他地域への波及効果などが特に優れている4事業を選定し、優良事例実施団体の表彰式と事業成果発表会を開催しました。

知事表彰には、「ふれあいサロン 地域住民の交流の場所づくり事業」の豊殿ふれあいサロン運営委員会が選ばれました。

優良事例の紹介を通じて、地域づくりに取り組む機運を醸成し、地域の元気づくりを促進してまいります。

 

【12月 発酵のまち上田 甘酒スイーツフェア」を開催しました】

上田地域の発酵食品を広くPRするため、上田市内の製菓店6店舗にて、甘酒を使用した12新商品の開発、販売を行っていただきました。
地元のお米で醸し出された「飲む点滴」とも称される甘酒が、発酵のまち上田市内の製菓店の手で、個性豊かなスイーツへ大変身し、おいしい信州ふーどの新たな可能性を探るフェアとなりました。

 

【2019年12月6日~15日】上田甘酒スイーツフェアが開催されます!

「おいしい信州ふーど」フェア 上田エリア

 

 

このブログのトップへ