じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

職員研修会を実施しました。

総務管理課のBWです。

9月24日(火)に、上小地域の現地機関職員を対象とした交通安全・メンタルヘルス研修会・ゲートキーパー研修会を実施しました。

参加人数の多さから同日2回に分けておこないましたが、午前の部121人、午後の部97人の計218人の参加がありました。

交通安全研修会では、上小管内の交通安全についてと題し、上田警察署交通課の柄澤様を講師としてお招きし、講義をしていただきました。

30分程度交通安全のDVDを視聴し、チャイルドシートの必要性や、速度超過、飲酒運転、あおり運転、交差点での注意、ひき逃げ等、車を運転する際に注意しなければならない事をご自身の体験をもとに、非常にわかりやすくお話ししていただきました。

柄澤様、とても貴重なお話をしていただきありがとうございました。

 

つづいて、メンタルヘルス研修会と自殺予防ゲートキーパー研修会では、上田保健福祉事務所健康づくり支援課の保健師さん3名に講師をしていただきました。


【画像】保健師さんが熱演してくれた自己中心的なコミュニケーション

メンタルヘルス研修会では、明るくいきいきと働くために、自分のストレスに気づくこと、こころの健康づくりのためにできる事についてお話をいただきました。
自殺予防ゲートキーパー研修会では、長野県では1日約1名の方が自殺により亡くなっています。皆さんが身近な人の自殺の危険を示すサインに気づき、見守り、必要に応じて専門相談機関へつなぐゲートキーパーとなっていただき、自殺を未然に防ぎ、生きやすい社会を作っていくためのお話をしていただきました。

上田保健福祉事務所健康づくり支援課の保健師の皆様、とてもわかりやすく、楽しくお話をしていただきありがとうございました。

このブログのトップへ