じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > まちづくり > 行ってきました、こどもカフェ!その4上田市芳田「hinata bocco(ひなたぼっこ)こども食堂」

行ってきました、こどもカフェ!その4上田市芳田「hinata bocco(ひなたぼっこ)こども食堂」

皆さまこんにちは、総務管理課のぶんぷくです。

風がさわやかな季節になってきましたね!

今回ご紹介するのは上田市の東部、浅間サンライン「芳田」信号のそばで月1回開催されている「hinata bocco(ひなたぼっこ)こども食堂」です!

▲「hinata bocco こども食堂」会場

hinata boccoこども食堂」の会場「ふれあいサロン hinata bocco とよさと」は、地域のコミュニティカフェとして平成30年にオープン、平日(月~金)の10時~16時にボランティアの方々が中心となって運営していらっしゃいます。

通常の営業ではコーヒーや500円ランチを提供していますが、月1回こどもカフェ、月2回認知症ケアのサロンを定期的に開催、まさに地域の交流の拠点となっています。

▲壁には学校支援ボランティアの活動や今までの献立などが貼ってあります

地域住民によるコミュニティカフェの先駆けとして、日本各地から視察も訪れています。ぶんぷくがお邪魔した9月14日(土)も、他地域振興局や東京から団体での訪問がありました。また、県知事のランチミーティングの様子も「じょうしょう気流」にアップされていますよ。

しあわせ信州移動知事室(上田地域)~県政ランチミーティング in hinata bocco(ひなたぼっこ)とよさと~

こどもカフェの日も出入り自由で、いつもと変わらぬ形態です。違うのは、子どもは100円でランチが食べられることそして、前回から豊殿小学校6年生もお手伝いに来てくれています。

11時スタートとなりますが、ボランティアスタッフの方々は9時集合。

厨房はさっそく準備開始!スタッフは平日のコミュニティサロンの日に使っているお揃いのエプロンです。いつもサロンを運営しているだけあってさすが、あうんの呼吸で準備が進んでいきます。

 

 

1 2 3

このブログのトップへ