じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > まちづくり > 行ってきました、こどもカフェ!その3上田市中野「みんなのしおだ食堂」

行ってきました、こどもカフェ!その3上田市中野「みんなのしおだ食堂」

こんにちは、総務管理課のぶんぷくです。

お子さんのいる皆さま、夏休みはいかがお過ごしでしたか?「もう行くとこ思いつかなくて困っちゃったわ~」「外遊びさせるにも暑すぎて~」という方もいらっしゃったかと思います。そんな時の強い味方、こどもカフェ!を実感したこの度のこどもカフェ探訪。

3回目を迎えました今回ご紹介するのは、上田市の塩田公民館で月1回開催されているみんなのしおだ食堂です!

↑みんなのしおだ食堂会場

毎月第3日曜日、塩田公民館で10時~14時30分までの開催です。ぶんぷくがお邪魔したのは8月18日(日)。開催前のミーティングから参加させていただきました。

 

受付担当、調理担当、会場(遊び見守り)担当の方々が集まって当日の流れや献立の確認、その献立を選んだ思いの共有、それをどうやって子ども達に伝えるか等の打ち合わせを行います。

 

ちなみに本日の献立の主役は「すいとん」です。

戦中・戦後の食糧事情が悪かった時を思い出すという方も多いこの料理。(実際、戦時中は小麦粉が不足していたためトウモロコシ粉や「ぬか」などが混ぜられて、今のものとは全く違っていたようです。)子どもが喜びそうな料理ではないけれど、8月のこの時期、そんな話も子供たちに伝えようといった思いが盛り込まれています。

 

 

 

 

ミーティングが終わると厨房は調理開始!

すいとんの出汁は煮干しと昆布で丁寧にとっています。そして、とり終わったものはカリカリに焼いておやつ風にしたり、佃煮にしたりして食事時に子どもたちに説明しながら提供していました。

一方、子どもたちの方はというと・・・

スワッグづくりのワークショップに参加したり、コカリナ演奏を聴いたり・・・

1 2 3

このブログのトップへ