じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 文化 > 歌声は風に乗り~上田グローリア合唱団定期演奏会のご案内~

歌声は風に乗り~上田グローリア合唱団定期演奏会のご案内~

エレクトーン伴奏により、とても迫力あるステージに仕上げています。

なかなかの難曲ですが、みんなで精いっぱい歌いたいと思います。

 

・「歌謡デラックス」

北酒場 津軽海峡・冬景色 喝采 雨の慕情

さそり座の女 きよしのズンドコ節

→昭和の歌謡曲が合唱曲に?!?!

おなじみのあの曲、この曲が新しく生まれ変わりました。

華倉実里社中の皆さんをお招きし、素敵な舞踊もお楽しみいただけます。

この曲にもエレクトーン伴奏が加わり、華やかなステージになると思います。

時にはテンポよく、時にはムーディーに、楽しく歌いたいと思います。

知っているメロディーを口ずさみながらお楽しみください!

 

・高野喜久雄 作詞  高田三郎 作曲

混声合唱組曲 「水のいのち

→この曲は合唱をする人にとってはバイブルのような曲です。

5曲編成なのですが、どの曲も人の心を打つメッセージが込められています。

水は、まず雨となって地に落ち、地面にたまって水たまりとなり、

やがて流れとなって川を成し、最後には母なる海へと戻っていきます。

葛藤や苦しみを抱えながらも、最後に水がたどり着くのは…?

最後の「海よ」という曲に、作者の一番の思いが込められていると思います。

各曲の雰囲気の変化もぜひお楽しみください。

1 2 3 4

このブログのトップへ