じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 建築課 > 『ふるさと信州風景百選』上小地域の選定箇所について vol.2

『ふるさと信州風景百選』上小地域の選定箇所について vol.2

 建築課のKです。
 上小地域の「ふるさと信州風景百選」に応募いただいた作品の中から、地域審査会で選定された
箇所の中から4回に分けてご紹介しています。

◇塩田平のため池群 上田市塩田平
 上田市の塩田平は江戸時代に塩田三万石といわれた上田藩の穀倉地帯でしたが、
年間降水量1000ミリ前後という全国でも屈指の寡雨地域のため、古くからため池灌漑による水田
が発達してきました。
 塩田平は「信州の鎌倉」とも呼ばれ、重要文化財前山寺をはじめ鎌倉時代からの古刹も
数多く残り、また昔から水不足で大変悩まされ、数々の雨乞いの歴史やため池にまつわる
民話が今に伝えられています。
 最近ではコウノトリの飛来も報告されており、ため池は生物多様性の保全にも寄与しています。
 歴史と文化を刻み多様な生命を育む塩田平とため池群は、映画「サマーウォーズ」の舞台(モデル)
にもなり、水面に映る緑豊かな山里と緑のじゅうたんのような水田の風景が美しい、「日本のふるさと」
をイメージさせる田園風景です。

【舌喰池】 【上窪池】 【加古池】 【小島大池】

 shitakui 悲しい民話の伝わる舌喰池
 kamikubo 春の上窪池
 kako hasu 加古池の蓮畑
 kounotori 小島大池とコウノトリ
 besshosen 夏の田を行く別所線
 gakunonobori 雨乞いの祭り「岳の幟」

 

◇ワインぶどうの丘 上田市丸子陣馬地区
 上田市丸子地区の千曲川左岸側の丘陵地帯にある陣馬地区は、千曲ビューライン沿いの周辺に位置し、
烏帽子岳や浅間山などの山々を望む塩川の丘陵地一面にワイン用のブドウ畑が広がっています。
 もともと遊休農地だった場所を活用したワイン用ブドウを栽培するため、農業生産法人(メルシャン株式
会社が設立)が平成14年に誘致され、ワイン醸造会社の契約でワイン用ぶどうの栽培がはじまりました。
 ぶどう農場からは、烏帽子岳や湯の丸高原、浅間山などが眺望できます。近年は、素晴らしい風景の
中でのぶどう収穫体験などで多くの人々が訪れるようになり、地域の活性化に寄与しています。

1 2

このブログのトップへ