じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 林務課 > 今年も力作ぞろい!令和2年度上小地区児童・生徒木工工作コンクールの表彰式は残念ながら中止になりました

今年も力作ぞろい!令和2年度上小地区児童・生徒木工工作コンクールの表彰式は残念ながら中止になりました

上田地域振興局林務課のKKです。

「令和2年度上小地区児童・生徒木工工作コンクール」は、全国規模で行われているコンクールの上小地区の予選会を兼ねていて、今回が43回目(全国は49回目)です。

 

コンクールには13の小学校から、新型コロナウイルス感染症の影響で短くなった夏休みの中、大人の力も借りながら製作した130点の作品が出展されました。その中から、昨年10月、厳正な審査の結果、

上田地域振興局 局長賞 3点

上小林業振興会 会長賞 3点

上小木材協同組合 理事長賞 5点

上小木材青壮年団体連合会 会長賞 5点

の計16点を決定しました。

審査の様子は、次のとおりです。

学校数も作品数も入賞作品数も前回より減りましたが、少数精鋭の力作揃いです。

その証拠に、局長賞の3点及び上小林業振興会会長賞から1点の計4点を県のコンクールに出品したところ、昨年12月に開かれた県のコンクールで、見事、4点すべてが入賞しました。

内訳は次のとおりです。

最優秀賞(県知事賞) 1点

長野県県産材振興対策協議会 会長賞 1点

長野県木材青壮年団体連合会 会長賞 1点

優秀賞 1点

 

例年であれば、1月中下旬に上田市にある上小木材協同組合の事務所で表彰式を行い、受賞者に賞状を授与し、作品を持ち帰っていただくのですが、今年は、新型コロナウイルス感染症の拡大が心配なので、表彰式は中止。賞状と作品は、主催者である上小木材青壮年団体連合(略称「青木連」)から応募小学校にお渡しし、学校から受賞者に渡していただくという形にするそうです。

 

入賞された作品を、一部ですが、ご覧ください。

椅子やキャビネットといった実用的なものから造形作品まで、材料も無垢材、集成材、わりばし、廃材と幅広く、どれもこれもこども達の創意と工夫が感じられるものばかりでした。

 

中には2年、3年と続けて出品してくれる子、兄弟姉妹で出品してくれる子もいて、そうした子どもの励みにもなるので、表彰式で披露する機会は本当に大切なのですが、残念です。

 

来年は、表彰式が開催できるよう、そのためにも新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでいきたいと思いますので、皆さんのご協力をお願いします。

このブログのトップへ