じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 環境課 > 春の河川パトロール「クリーン信州 for ザ・ブルー」を実施しました!

春の河川パトロール「クリーン信州 for ザ・ブルー」を実施しました!

初めまして。環境課のWOTAと申します。

突然ですが、みなさんは「クリーン信州 for ザ・ブルー」という言葉を聞いたことがありますか?
「クリーン信州 for ザ・ブルー」とは、
「信州プラスチックスマート運動の一環として、
河川でのプラスチックを含めた廃棄物の一斉回収を上流県である信州から行うことで、少しでも海洋ごみの流出を防止し、海洋環境保全の機運を高めていこう」
というもので5月26日(日曜日)に県内10カ所で河川周辺のゴミ拾いが行われました。
信州プラスチックスマート運動とは?
私も東御市海野宿で千曲川河川敷の河川パトロールに参加しました。
環境課の職員と信州大学繊維学部環境学生委員会の方をはじめとするボランティア合わせて20人が約1時間ゴミ拾いに精を出し、
たくさんのゴミが集まりました(写真に写っているのはごく一部です)。買い物カゴなど袋に入らない大物もありました。

当日はとても暑かったですが、参加した全員が道を切り開きながらごみを拾いました。


6月15,16日は軽井沢町で「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」が開催されます。
深刻化する海洋プラスチック問題も取り上げられる予定です。
今回の河川パトロールでもプラスチックごみが全体の半分以上を占めました。
長野県には海がありませんが、無関係ではありません。

ゴミはゴミ箱へ

豊かな環境を守るため、ひと手間かけていきましょう!
最後に、当日ボランティアでご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

このブログのトップへ