じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 環境課 > 宴会の最初の30分と最後の10分!食品ロスを減らすために「残さず食べよう!30・10運動」

宴会の最初の30分と最後の10分!食品ロスを減らすために「残さず食べよう!30・10運動」

こんにちは。環境課のAです。

12月になり、これからは忘年会・新年会の季節ですね。

そこで今回は、宴会での取り組み、「「残さず食べよう!30・10運動」」のご紹介です。

☆残さず食べよう!30・10(さんまるいちまる)運動とは…

宴会の最初の30分間と、最後の10分間を「食べること」に集中すること。

おしゃべりに夢中になったり、お酒を注ぐために席を移動したりすることなく、

目の前にある食べ物に集中して、食べ残しをしないように心がけるのです。

この運動は松本市から始まり、今では全国に広がっています。

ちなみに、今年度の環境フェアで行った「ごみ減量クイズ」の二問目…

答えは、「30・10運動」でした。

この問題は「パネルを見なくてもわかるよ」と言って回答する人が多く、

この運動がみなさんに広く親しまれていると感じました。

「いつも宴会をやるときは、私が30・10運動を呼びかけています」という方も複数いらっしゃり、

なかには、

「静岡県で集まりがあったときにも、30・10運動を呼びかけて、活動を広げた」という独自に広報活動をしてらっしゃる方や

「30・10運動をすると、たとえ幹事になったとしても、ゆっくりご飯が食べられるからいいのよ」

とメリットをシェアしてくださる方もいました。

長野県では、宴会の多い12月から1月を「宴会食べきりキャンペーン」として特にこの運動の周知に力をいれています。

最初の30分と最後の10分は食べ物にも気をくばって、楽しい宴会にしましょう!!

参考→https://www.pref.nagano.lg.jp/haikibut/kurashi/recycling/shigen/kenminundo/campaign.html

1 2

このブログのトップへ