じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > まちづくり > 信州こどもカフェ推進上田地域プラットフォーム『ハッピーチケットプロジェクト』を展開しました!

信州こどもカフェ推進上田地域プラットフォーム『ハッピーチケットプロジェクト』を展開しました!

暖かい日も増えてきた今日この頃。皆様いかがお過ごしですか?総務管理課のぶんぷくです。新型コロナ感染防止対応もすっかり身に付いてきましたよね。

昨年の秋は、これから大きな波が来てしまうのではないかと、誰もがかなり気をもんでいらっしゃったことと思います。こどもカフェに携わっている方々も、6月くらいの段階で、「こんな時こそ、開催したいよね・・」「でも会場が使用できなくなってしまうかも」と思いを巡らせていらっしゃいました。

そこで、こどもカフェを応援しているプラットフォームとして企画したのが『ハッピーチケットプロジェクト』です。

感染対策に気を配っていても、こどもカフェが開催できない時期もあります。そんな時、地域の飲食店のご協力をいただきながら共に子どもたちを支援・見守ることができたら・・と、協力飲食店で利用できる「ハッピーチケット(1枚200円分)」を各こどもカフェを通じてこどもカフェ参加のご家族へお渡ししました。

配布時期は令和2年12月25日からの約2か月間、使用期限は令和3年2月28日まで。大きな告知は行わず、ふだん参加しているご家族に。開催できなくても、ちょっとハッピーな気分になってもらえたらいいなという比較的規模のちっちゃなプロジェクトです。

 

協力していただける飲食店さんは、こどもカフェに携わる方々が探してくださいました。急遽決まったプロジェクトにもかかわらず、一生懸命地域で声をかけていただいて、6店舗が協力してくださることに

▲東御市島川原の食事処 鹿曲さん

▲上田市中央の「香吃大食堂」さん

▲上田市本郷の「中華料理華新」さん

▲上田市本郷ミックスポーツ内にある「ケメケメ」さん

今回は写真を撮れませんでしたが、上田市長瀬にある「パン工房ぐらんまるしぇ」さん、上田市御嶽堂にある「そえるカフェ」さんも加わってくださっていました。ご協力いただき、ありがとうございました!

令和3年度もコロナ感染防止対応を行いながらできることを、プラットフォームでも企画していこうと考えております。上田地域プラットフォームやこどもカフェから色々なご協力のお願いに上がることもあるかもしれませんが、是非、「楽しそう!」と加わっていただけると嬉しいです。

 

※本プロジェクトは長野ろうきん「こども基金」の助成事業です。

信州こどもカフェ推進上田地域プラットフォーム 長野ろうきん「こども基金」より助成いただきました

このブログのトップへ