じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 総務管理課 > 信州こどもカフェ推進上田地域プラットフォーム 長野ろうきん「こども基金」より助成いただきました

信州こどもカフェ推進上田地域プラットフォーム 長野ろうきん「こども基金」より助成いただきました

こんんちは、総務管理課のぶんぷくです。

信州こどもカフェ推進上田地域プラットフォームが 長野ろうきん「こども基金」より助成いただけることになり、9月8日(火)長野ろうきん上田支店にて贈呈式がありました。

「行ってきました、こどもカフェ」を読んでくださっている方々は、「信州こどもカフェ推進上田地域プラットフォーム」をなんとなく知ってくださっているかと思いますが、改めて説明させていただきます

「信州こどもカフェ推進プラットフォーム」は長野県が進めている、地域が一体となって子どもの居場所づくりを推進するための連携・支援組織で、10圏域の地域振興局ごとに構築・運営しています。

こどもの心身共に健やかな成長を願い、大人も含めた様々な人々の集まるみんなの居場所づくりを広げていくために、緩やかにつながって情報共有やこどもカフェ支援を行っている器のようなものです。上田地域での構成団体としては、こどもカフェ運営団体や日本語教室運営団体、子育て支援のNPO法人、社会福祉協議会、市町村、県などなどが参加しています。

▲こどもカフェ自体、学生さんからご年配の方まで多様な方々が運営に参加されています

 

今年度の活動予定としては、上田地域のこどもカフェ情報カードの作製やオンラインを使っての講演会(10月21日予定)などがあります。こうした活動を支えてくださっているのが、様々な助成金で、その1つが長野ろうきん「こども基金」です。

上の図を見ていただくとわかるように、長野ろうきんでの融資利用が地域のこどもの育成につながるしくみとなっています。ひょっとして、知らないところで、皆さんも身近なこどもの手助けをしているのかもしれません。

改めて、大切に使わせていただきます。心より感謝申し上げます。

 

 

このブログのトップへ