じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 上田保健福祉事務所 > しあわせ信州移動知事室(上田地域)~県政ランチミーティング in hinata bocco(ひなたぼっこ)とよさと~

しあわせ信州移動知事室(上田地域)~県政ランチミーティング in hinata bocco(ひなたぼっこ)とよさと~

18日の12:30から、上田市豊殿地区の地域全体が運営に携わっているふれあいサロン「hinata bocco(ひなたぼっこ)とよさと」で、「今後の目指す地域共生社会のあり方について」をテーマに県政ランチミーティングを行いました。

ランチは、地域のボランティアの皆様による手作りメニューで、平成30年11月から始めました。


↑本日の調理風景


↑本日のランチメニュー

このサロンは、認知症当事者の方でも、住み慣れた地域で、福祉サービスの「支え手」「受け手」という関係を超え、「居場所があり」「役割があり」「仲間がいて」社会の一員として活躍できる場となるようスタートしたもので、ランチサービスも地域の方の「孤立」や「孤食」を解消する重要なアイテムになっています。

先ず、DVDでサロンの運営の柱になっている「『安心』の地域づくりセミナー」の様子を紹介し、その後、地域ボランティアや特別養護老人ホーム等の関わり方を懇談しました。

 

知事からは、しあわせ信州創造プラン2.0に掲げた「学びと自治」を実践している好事例であるとの話があり、認知症についても「予防よりも備える」というこの地域での取組に関心を持っていました。


↑懇談の様子

 

最後にサロン入口で知事と記念撮影を行いました。

参加者の皆様も「地域にとって、かけがえのない存在となったサロンを、これからもしっかり運営するぞ!」という気持ちを新たにしたひと時でした。


↑記念撮影

 

このブログのトップへ