じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

北国街道「木屋平」その3

 地域政策課のAkです。

 平八郎茶屋と赤松小三郎記念館の紹介もこれで3回目です。

 平八郎茶屋は、丸山邸の母屋を改装して作られましたが、土日や祭日などに趣味の会やイベント、セミナーなどに使ってもらえるようになっているほか、茶飲み処でもあります。物品を販売するスペースもあるそうです。
 この日は、開店早々にお邪魔しましたが、暖簾の奥では何人もの女性陣が準備に携わっていらっしゃいました。

 暖簾の向かいにある階段を昇ると2階があり、丸山邸に眠っていた貴重な資料が展示されています。

 茶屋(母屋)の北側にある文庫蔵には、赤松小三郎記念館があります。
 最初に紹介した墓石や等身大パネルのほか、赤松小三郎顕彰会の皆さんが作製された紙芝居「上田生まれ上田育ちの赤松小三郎さん」も展示されています。
 この紙芝居は、子供向けということもあり赤松小三郎さんの業績がわかりやすくまとまっていますので、入門編には最適です。
 記念館にも階段があり、2階にも展示がある様子・・・今回はまだ覗いてみませんでしたが、また今度のお楽しみとしておきましょう。。。

 北国街道を散策しながら、休みがてら立ち寄って、時代を感じさせる素敵な建物の中で、お茶を飲んだり、貴重な資料を見たりするのもいいものです。
 春の陽気に誘われて、そんな休日もいかがですか。

このブログのトップへ