じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

北国街道「木屋平」その2

 地域政策課のAkです。

 3月28日にお伝えした「木屋平(きやひら)プロジェクト」の平八郎茶屋と赤松小三郎記念館の紹介第2弾です。上田市常盤城にありまして、NPO法人信州上田文化デザイン研究会と赤松小三郎顕彰会の皆さんがご苦労されながら3月24日にオープンさせた施設です。

 これから2回に分けて木屋平について紹介します。

 今回は建物の外観を紹介しましょう。下の写真、左は平八郎茶屋、右は赤松小三郎記念館です。

 前回ご紹介したように、廃藩置県により売りに出されていた上田城を買い取り、上田町(当時)に寄贈した丸山平八郎氏の私宅を、現当主のご協力を得て改装したもので、平八郎茶屋は丸山邸の母屋、赤松記念館は文庫蔵でした。

 建物の北側から写した写真が下の2枚です。脇を流れる矢出沢川の横に見えるのは、上田城の石垣を持ってきたものです。山田洋二監督の映画「たそがれ清兵衛」のロケで使われたところですが、本当にきれいな石積みです。

 上田駅や上田城跡からぷらぷら歩いて北国街道を巡るのもいいもの。古くても素敵な建物などが多くあります。地元の皆さん方、観光客の皆さん方に是非楽しんでいただきたいものです。
 次回は、建物のなかを紹介します。

このブログのトップへ