じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

上田ば~ちゃる街歩き(北国街道編 その2)

その1からの続き)
あら?突然、ショーウィンドウにこんなものが・・・

ご存知、真田幸村公を題材としたNHK大河ドラマ化に向けた署名活動の状況が展示されています。すでに六文銭にちなんだ目標の666,666名の署名を上回り、70万人に達したということです。皆さんの熱意、すごいですね。

途中、上田城へ行くには「中央2丁目」の信号を左に曲がりますが、今日は北国街道へ行くのでもう少し真っ直ぐ歩きます。

おや、交差点の角にあるコンビニエンスストアを良く見ると六文銭や真田幸村公とおぼしき人物が壁面に描かれています。こんなところにも真田の里として誇りを感じさせますよね。

さらに少し歩くと、右手に「池波正太郎 真田太平記館」があります。作家池波正太郎氏の書いた真田太平記と上田を紹介する記念館です。池波先生はテレビでお馴染みの「鬼平犯科帳」の作家として有名ですよね。(私は「剣客商売」が大好きですけど。)
上田に勤務して恥ずかしながら一度も入っていなかったので、入館料300円を払って初入館!

写真は撮れませんが、池波先生の所持品や人となりの紹介、真田太平記にちなんだ展示がされていますが、現在は素朴な人形を作ることで有名な高橋まゆみさんが真田十勇士の人形を製作したということでその特別展(5月6日まで)が併せて行われていました。

さて、街歩き再開!
この先の「中央3丁目」の信号を左折して、右手を見ると古い家並みが続く素敵な通りが見えます。これが「柳町通り」。

ここを歩いてみましょう。

古い街並みが続いており、とても風情があることから、映画「犬神家の一族」のロケ地にもなりました。

1 2

このブログのトップへ