じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 農産物 > 本格流通はあと2年待ってね~新品種ブドウ「クイーンルージュ」を手に入れました~

本格流通はあと2年待ってね~新品種ブドウ「クイーンルージュ」を手に入れました~

こんにちは。総務管理課のアルクママです。

最近人気の皮ごと食べられて種がないシャインマスカットやナガノパープルの真ん中に置くと映える!長野県果樹試験場が育成したクイーンルージュ。

(映えるイメージ画像が見られるブログはこちら→https://blog.nagano-ken.jp/oishii/editors/1244.html)

本格流通は2年後の2022年なのですが、今年ほんの少しだけ流通した超貴重品を、総務管理課Kさんとアルクママは知り合いを通じて購入することができました!

豊洲市場でも販売されたのですが、400gで3300円だったとか。(販売は終了しています。)

我々が手に入れたのはなんと1房650g!

1房も大きいのですが、1粒も大きい!

家に持ち帰って、まずはアルクママ家の下の子チームが味見します。

1口食べた瞬間、「おいしいっ!!!」とこんな感じになっていました。

人って本当に絵文字みたいな顔になるんですねぇ(笑)

しかも味見のはずが「もう1粒」「もう1粒」と食べ続け・・・上の子チームが帰宅する頃には半分くらいになっていたよ。(上の子チーム、頑張って勉強してから帰ってきたというのに食べられるブドウが少なくなってしまった。ごめん。)

アルクママもいただいてみたのですが、とにかく甘くておいしい!甘味が強いので、ちょっとだけ冷やして食べるのがおすすめ。
そして、ほんのりシャインマスカットの香り。
皮はシャインマスカットよりも薄くて、より食べやすくなっています。先ほども書いたのですが、粒がとても大きいので、皮が破れないように栽培するの大変そう。

旧ソ連生まれの赤ブドウ「ユニコーン」と黄緑の「シャインマスカット」を掛け合わせているので、Kさんは「ハーフの味。」との感想。
ナガノパープル=赤ワイン シャインマスカット=白ワイン クイーンルージュ=ロゼワインというイメージだそうです。

こんなにおいしい、おいしいと宣伝しておきながら、今年はもう手に入れることができません。本当にごめんなさい。
皆様、2年後の本格流通をお待ちいただけたらと思います。

このブログのトップへ