じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

おまけのつーリスと(その9)

某所のMです。

上田市袋町にある喫茶店「ニュービーナス」。




まち歩きも佳境に入る中、わたしたちを迎えてくれたこのお店は、まさに「不思議」で、「にぎやか」で、そして「愉しい」お店でした。

まず、メニューを見ますと、このお店には、各種定食やラーメンに加えて、日本そば、そしてフルーツパフェー(≠パフェ)までそろっています。
しかも手作りの弁当なら、持ち込みもOKとのこと。極私的には、「懐かしき学食(?)喫茶」と呼びたい雰囲気のお店です。

そして、わたしたちは、それぞれ「アイスコーヒー」とか「アイスティー」などを注文しましたところ、マスター、おかみさん(並びが変ですか。)から、「スイカ」や「ポテトチップス」といった、お店からの差し入れの品々が、テーブルに並んでいきました。
せいぜい300円のオーダーで、テーブルに出てくるのは、それ以上の食べ物です。

そして、小一時間、お店のかたも交えて、あれやこれやのよもやまばなしに、愉しく花を咲かせて、「さて、そろそろ。」とお店を出ましたら、なんと!、おかみさんの手には、わたしたちへの「おみやげ」まであるではないですか。
ありがとうございます!

不思議で、にぎやかな、愉しいお店「ニュービーナス」。

まち歩きの愉しさって、その日の朝には思いもよらなかった行程、そして出会ったかたとのふれあいといった展開の中で、まったく知らない、こういう素敵なお店、そして地元のみなさんと出会えることなんだと、
本当にそう思いました。

※ 参考
リスの藤本さんのブログ 

つづく

このブログのトップへ