北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

須賀川そば打ちを学習しました!~食改ステップアップ研修会~

みなさん、こんにちは!北信保健福祉事務所のアンズです。

今回は、健康・食育ボランティアである食改(食生活改善推進員)さんのステップアップ研修会の様子をお伝えします!

今年度からスタートした「長野県食育推進計画(第4次)」の4つの基本分野の1つである「食の循環と地域の食を意識した食育」を学習するために、北信地域の郷土食である須賀川そばの地元であり、学習に適した調理器具がそろっている山ノ内町の会場をお借りして研修会を行いました。

~須賀川そば打ちの様子~

講師は、須賀川そばの地元である山ノ内町の食改さんが務めました!

つなぎには「オヤマボクチ」という山ごぼうの繊維を使いました。

お湯でやわらかくほぐしたオヤマボクチをこね鉢の中央部に入れ、少しずつお湯を注ぎながら周りのそば粉と混ぜていきます。

これを繰り返して生地をこねる作業を30分以上行ったので、交代しながらこねていた食改さんも後半には疲れた様子でした💦

写真1:そば粉にオヤマボクチとお湯を混ぜている様子

写真2:そばをこねる様子

写真3:グループに分かれそばをこねる様子

初めてそばをこねた食改さんが、「思ったよりも生地が固くなっちゃった~」と助けを求めると、すぐに講師やサポート役の食改さんが様子を見に来て、お湯や水の量を調整してくださるなど、和気あいあいと作っていました。

生地を丸く伸ばしていく作業は、「さすが食改さん!」と思わず言ってしまうくらい慣れた手つきで、板いっぱいに伸ばしていました👏

写真4:そば生地を丸く伸ばしている様子

1 2 3

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

北信地域振興局 総務管理課
TEL:0269-23-0200
FAX:0269-23-0256