北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

地域に飛びだす!シブガキ応援隊

こんにちは。林務課の 或るクマ です。
山の装いが、本格的な秋色に染まってきていますね。

林務課には、野生鳥獣が人家の近くに出没、
数多くの農林産物の被害について、情報が届きます。
「以前はこんなに鳥獣の出没や被害はなかった」という声を
よく耳にするほど、地域の大きな課題となっています。

そこで今回は、鳥獣被害の対策に向けた「シブガキ応援隊」の
取組みを紹介します。

昭和の時代を駆け抜けたアイドルグループ「シブがき隊」
(ピンとこない方はスルーしてください)ではないので、
歌って踊って被害対策をするわけではありません。
念のため。

メンバーは
・下高井農林高校グリーンデザイン科2年生(木島平村) 
・社会福祉法人高水福祉会 常岩の里ながみねの利用者(飯山市)
・飯山市在住のボランティア
の皆さん。総勢27名!

 この時期、ツキノワグマが柿を食べるため人家周辺に出没し、
人とトラブルになる可能性が高まります。
 高齢化等により、収穫や伐採が出来ない柿の木が多くあり、
柿の実を食べにくるクマの出没報告が多く寄せられています。
 そこで、2年前から、シブガキ応援隊が、柿の木のある集落で柿を収穫し、
クマの出没を抑える取組みを行っているのです。

1 2 3

このブログのトップへ