北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

木島平スキー場でゲレ食に満足!!

北信保健福祉事務所のヤマキチです。北信地区スキー場安全対策協議会の木島平スキー場のパトロールに参加し、お昼にゲレ食を楽しみましたので紹介します。
この日は、今シーズンとしては珍しく大雪で、打ち合わせの時に太陽が少々顔を見せましたが、滑っているときは雪で顔が痛いし、ゲレンデがよく見えないなど大変でしたが、雪不足ということもあり、やっと冬に出会えてうれしいという気持ちで滑ることができました。

まずはゲレンデ情報です。
詳細は木島平スキー場のホームページをご覧ください。

(上記のホームページからゲレンデの画像を転写)

なお、この日は山頂直下のパイオニアコースと最下部のファミリーコースは営業していませんでした。
日々のリフトの運行状況は、上記ホームページをご覧ください。

さて、ゲレンデの状況は、カメラに雪がついたり、シャッターが切れなくなるなどの悪条件のため、あまりいい写真がありませんが、ご覧ください。どこも広々して斜度も適当で滑りやすかったです。

(スカイコースの下部から)

(第二ペアリフト乗車場所横から)

(スカイコースの上部から)

(第六ペアリフト降車場所からゲレンデ上部)

(第六ペアリフト降車場所からゲレンデ下部)

お昼になり、いよいよお楽しみのゲレ食の時間です。
このスキー場にはおいしい店が多く悩みましたが、今回は第六ペアリフトを降りて右側にあるオーベルジュグルービーに行きました。(お店の写真を撮ろうとしましたが何故かシャッターが切れない…)

看板メニューのまんぷくカツ定食とサーロインステーキ定食のどちらにしようかと迷いましたが、歳を重ねるとカツの衣がきつく感じることからサーロインステーキ定食を注文しました。
まず、出てきたのはサラダ、これを食べきるころにメインのステーキが運ばれてきました。
お肉にソースをかけてもらうとジャーというおいしそうな音、紙ナプキンでソースが飛ばないよう防ぎます。
間もなく音がしなくなりますが、このわずかな時間が食欲を増進させます。

(サーロインステーキ)

定食には、サラダのほかライス(木島平産米)とスープが付きます。
ライスが運ばれてきた時、量が多く食べきれないと思いましたが、量の多いのは同行の若者2人用、当方用の少なめなものがありました。
特に伝えてなくても、少なめなものを出してくれるあたり、お店の方の配慮に感動します。(ライスが足りないときは追加可)

(定食。サラダは撮り忘れてしまいました😢)

(紙ナプキン)

お味はゲレ食らしからぬものでもちろん満足、この食レポを書いているだけでお腹がすいてきてしまいます。
平日にもかかわらず、お店はいつの間にか満席になっており、学生の団体や一般の方が皆まんぷくカツ定食やサーロインステーキ定食を満足そうに食べ、お昼を楽しんでいるようでした。

お問合せ先 長野県北信保健福祉事務所 電話 0269-62-3105

このブログのトップへ