北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

神秘の蓮華 ~ 稲泉寺の大賀蓮 ~

信越自然郷、北信州の木島平村の稲泉寺(とうせんじ)では、お寺の周囲一面に広がる蓮田で、薄紅色の蓮華 (れんげ) 大賀蓮(おおがハス) が清らかな花姿を見せています。

蓮華P1040408

 

曹洞宗 熊野山 稲泉禅寺 

蓮華P1040423

天正元年(1573年)開山、400余年の歴史を持つお寺です。

持国天、多聞天、木喰仏が安置された仁王門をくぐり

蓮華P1040430 蓮華P1040431

松並木を通り

蓮華P1040421

本堂に向いますと、庫裏に大賀蓮⇒の案内がされていますので、それに従って先に進みます。

お寺を一周するかたちで、蓮を鑑賞し、写真を撮らせていただきました。

蓮華P1040394 蓮華P1040395

蓮華P1040454 蓮華P1040402

蓮華P1040460 蓮華P1040412

大賀蓮  蕾から開花まで

と、葉っぱ(の傘(になるほど大きい!)「鳥獣人物戯画」の世界ですね。蛙、たくさんいました。)

 

蓮華P1040396 蓮華P1040400

美智子妃殿下(現皇后様)の優美さにちなんで命名されたという「舞妃蓮」です。

 

 

蓮華P1040436

一回りして本堂前に戻ります。奥に御本尊様の釈迦牟尼仏 が見えました。(撮影、ブログ掲載の許可をいただいております。)

 

1 2

このブログのトップへ