南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:喬木村のいちご】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:喬木村のいちご】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 飯田合庁だより > 若手農業者が高校生に思いを伝えました

若手農業者が高校生に思いを伝えました

農業改良普及センターです。

 

先日、南信州青年農業者クラブ「かたつむりの会」が、松川町若手農業者の会「若武者」の協力を得て、下伊那農業高校園芸クリエイト科1年生を対象に「農業の魅力発見セミナー」を開催しました。

 

「農業の魅力発見セミナー」とは、高校生に農業への理解を深めてもらい、将来の糧にしてもらうことを目的に、

自分がなぜ農業に就いたのか? どんな思いで農業をやっているか?

などを青年農業者が直接伝えるセミナーです。

 

今までは、アグリサービス科の生徒を対象に開催していましたが、園芸クリエイト科は初めてです。

 

今回は、園芸を学ぶ学科が対象ということで、野菜・花き・果樹の園芸三品目からそれぞれ講師を選定。

3名で授業に臨みました。

 

それぞれが、就農した動機、これからの夢などを熱く語りました。

P1180607

野菜農家さんは生い立ちから、これからの展望までをスライドを使って講義。

P1180610

バラ農家さんは、自園のバラが使われた有名時計メーカーのCMを披露。

その他ウェディング雑誌の写真も披露し、夢のある仕事ということが印象付けられました。

P1180617

果樹農家さんは、自園のリンゴチップスを配りながら。

 

自分がこだわり持って作り出したものが、世の中に受け入れられる。

「おいしかった、ありがとう」と言われる。

どの講師もこんなことが醍醐味だと伝えました。

 

 

生徒も熱心に聞いてくれ、

「皮なし種なしぶどうの時代が来る。」という話に対し、

「皮なし種なしが当たり前になったとき、どう差別化していこうと思いますか?」

との鋭い質問には、驚かされました。

 

 

セミナー後には、

『それぞれ違った講演様式で、楽しく聞けた』

『3人とも「新しいことに挑戦する」「顧客のニーズに応える」

ということが共通しており、大事なんだなと感じた』

『自分のやりたいこと、信念をもって仕事をしているのはかっこいいと思った』

等の感想をもらいました。

 

聞いてくれた生徒さんたちの職業選択や、これからの生活に 少しでも活かしてもらえたら幸いです。

LINEで送る

このブログのトップへ