南信州お散歩日和 広い長野県の南端に位置する飯田・下伊那地域は「南信州」とも呼ばれています。 やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:喬木村のクリン草】

南信州お散歩日和

広い長野県の南端に位置する飯田・下伊那地域は「南信州」とも呼ばれています。 やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:喬木村のクリン草】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の食・味・お土産 > 事業をつなぐ!うまいものサミット開催

事業をつなぐ!うまいものサミット開催

下伊那農業改良普及センターです。

先日2月23日(木)、南信州特産加工開発連絡会による2017南信州うまいものサミットが開催されました。

南信州特産加工開発連絡会(以下「加工連」)は、平成2年に発足した飯伊地域の農産加工組織が集まってできた団体で、毎年、下伊那農業改良普及センターとの共催で「うまいもの即売会」と講演会「うまいものサミット」を開催しています。

まず初めに、11時からうまいもの即売会が合庁エレベータ前ホールにて行われ、4団体(味の里まつかわ、下條ふるさとうまい会、泰阜村柚餅子生産組合、ぱてぃすり草かんむり)が出店し、 それぞれ自慢の加工品を並べて販売しました。
パンや菓子、こんにゃく、お弁当、柚餅子、漬物など様々な品が並べられ、毎年即売会を楽しみに来庁される方もいて、販売開始直後から賑わっていました。

 

午後には講師に滝澤恵一氏(一般社団法人長野県中小企業診断協会会長、食農連携コーディネーター他)をお招きし、「時代を拓き、次代を築く経営」と題して講演が行われ、事業承継に向けて身近な事例や 先生の豊富な経験の中からヒントとなるお話をお聞きしました。

事例には沖縄県石垣島の酪農や佐久市の和菓子屋があげられ、人との縁や周りを幸せにすることの大切さを学びました。
O

 

 

 

 

 

 

(滝澤先生の講演に耳を傾ける会員たち。 これからの事業の方向性のヒントがたくさん詰まっていました。)

 

続いて行われた質疑応答やフリートーキングでは、会員から事業に対する熱い思いが遠慮なく交わされました。
(内容が赤裸々でここでは書けないことも・・・。)
また、会員が事業の展望を語り、先生にアドバイスしてもらうといったシーンもありました。
今回のうまいものサミットを契機に、加工連の会員の皆様の事業運営の参考にして頂き、活発な事業が
展開されることを大いに期待したいと思います。

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE