来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 林務課 > 平成30年度さとぷろ。学校がスタートしました!

平成30年度さとぷろ。学校がスタートしました!

林務課普及係 安曇野市担当AGです。

平成28年度から始まったさとぷろ。学校ですが、今年度は、第三期生として8名を迎えてスタートしました。※「さとぷろ。」とは、安曇野市里山再生計画に関する活動の愛称です。

さとぷろ。ホームページ

午前中は、開校式とオリエンテーション、里山再生計画の紹介、安全講習を行いました。

緊張からか、始めは硬い表情の受講生でしたが、オリエンテーションで行われた他己紹介を通して互いを知り、休憩中に会話をしながら、和気あいあいとした雰囲気になっていきました。

002
他己紹介

里山再生計画の紹介では、かつての里山の姿から、人々が里山資源を多く活用してきたこと、生活様式の変化により里山資源を活用しなくなり、里山荒廃してきた現状を学びました。

その現状を変えるべく立てられたが、「安曇野市里山再生計画」(通称:さとぷろ。)です。

多種多様な里山、安全な里山など理想の里山へ近づくためにさとぷろの5つのプロジェクトに取り組んでいることが紹介されました。

安曇野市の里山の現状と、行政の取組を知って、これから自分たちが考えることはなにか、できることはなにかを考えるきっかけになればと思います。

続いて、さとぷろ。学校の講座の多くがフィールドワークということで、野外での活動における安全講習会が行われました。

まずは、身近な脅威「ハチ」です。

「自分の身は自分で守る」が基本です。そのためには自身の状態を知ることが大切です。

Ige抗体検査により自分が何のハチの毒に対してアレルギー反応があるのかわかります。

場合によってはエピペンの携行することが必要です。

また、野外では、周囲の状況に注意して、巣がありそうなところ(木の古株や、細かい土が盛り上がっているところ)には近づかないなど、注意が必要です。

そのほか、野外でけがをした時の応急措置の方法なども学びました。

野外で作業などを行う際は、飲み水以外の水や、三角巾の携行がポイントです。

なによりけがをしないよう心掛けたいものです。

002
現場での応急処置の方法を学びました

 

昼食は、里山の恵み「ジビエカレー」をいただきました。地元で採れたシカ肉が入ったカレーは美味でした。

003
ジビエカレーに自家製福神漬けがよく合います

 

午後は、林業総合センター指導部小山林業専門員による講義とフィールド見学を実施しました。あいにくの天気でしたが、雨にも負けず長峰山の自然を感じてもらいました。

開校式・第1講の詳しい様子はさとぷろ。公式ホームページでも紹介されています。

004
標本植物による地下水位の高低や、地質から、長峰山がその昔海底だったことなどを学びました

本年度のさとぷろ。学校は、全8講でフィールドワークを中心にした活動を展開していきます。

今後の活動の様子も随時報告していきたいと思います。

LINEで送る

このブログのトップへ