楽園信州

信州の旬情報をお届け!

長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■エリアで捜す > Vol181■春の小布施を旅する!【1】

Vol181■春の小布施を旅する!【1】

栗と北斎のまち♪

こんにちは!佐々木円(ささきまどか)です。
今回の「信州魅力発見!まどかの旅」では、小布施町に行ってきました♪
小布施といえば、“栗と北斎と花のまち”。
もちろん、ぜ~んぶ押さえてきましたよ!(笑)
お楽しみに。



初めに訪れたのは、小布施に行ったら欠かすことのできない「北斎館」。
江戸時代、浮世絵師として活躍した葛飾北斎(かつしかほくさい)は、83歳の時に小布施を初めて訪れたそうです。以降、都合4回にわたり小布施を訪れ、地元の豪商・高井鴻山(たかいこうざん)の庇護(ひご)のもと、数々の作品を遺(のこ)しました。

北斎館入口にて
ここ北斎館には、そんな北斎が小布施で描いた肉筆画や祭り屋台の天井絵などが展示されています。
北斎の代表作といえば「富嶽三十六景」ですが、今回、北斎が晩年に描いた様々な作品を鑑賞する中で、北斎の人生を感じることができ、これまでとはまた違った感動を得ることができました。
それにしても、こんなに細かく繊細に絵を描くことができるなんて、誰もが魅了されてしまうのだろうなと思いました。

私は、高校時代に文化祭で「富嶽三十六景」のうち、一枚を貼り絵にしてクラスで展示したことがあります。北斎の絵は、私の思い出でもあるんですよね♪
7月3日まで企画展「富嶽三十六景とエッフェル塔三十六景―ジャポニズムの流れの中で―」も開催中ですよ。是非、みなさん行ってみてください!


岩松院 本堂
北斎館で、北斎について更に興味を持った私は、もう少し北斎の世界に浸りたい・・・ということで、「岩松院(がんしょういん)」で北斎最晩年の作品、あの有名な「八方睨み鳳凰図(はっぽうにらみほうおうず)」を見ることにしました。

さすが!本物の迫力 ・・・ 想像していたものよりも遥かに大きくて迫力がありました。

160年以上経つ今でも色が鮮やか
“八方睨み・・・”というくらいなので、怖いのだろうなと思っていた私ですが、実際目にしてみると、何だか違う感じがしました。睨まれているというよりも、上から強く見守ってもらっているという安心感に包まれました。北斎に感動させてもらってばかりです(笑)。


北斎の世界を堪能した私は、次は“栗”を求めて町を歩きました♪
小布施は、昔ながらの町並みが残っているところが少なくありません。
土蔵が残っていたり、古い昔のお宅の裏に細い道があったり、そんな景色を楽しみながら歩くのも、小布施ならではの楽しみの一つです。

栗の木が敷き詰められています


ここの通りは、“栗の小径(こみち)”と名付けられ、名産の“栗の木”を敷き詰めて作られた道です。歩いていると、木の感触が優しく足に伝わってきます。歩くのも楽しくなりますね!

さて、北斎を堪能し、お散歩をして・・・お腹もすいてきたので、お昼ご飯を食べることにしました。やっぱりここへ来たら“栗”ですよね!
今回は、桜井甘精堂(さくらいかんせいどう)の「泉石亭(せんせきてい)」でいただきました。昔の面影が残る建物で、庭園を眺めながら食事ができるお店ですよ。

江戸時代から明治時代にかけて造り酒屋を営んでいた高津(たかつ)家。そのお屋敷の面影を残しながらお店にしたんだそうですよ。奥座敷の一部は当時のまま復元されています。

手入れが行き届いた庭も気持ちいい♪

天ぷらまでついて、豪華!
こちらでは、お昼に「栗おこわ」や「そば」が食べられます。
私は欲張って、どちらも食べられる“甘精堂御膳”を注文♪

早速、「栗おこわ」からいただきまぁ~す♪
栗が大きくてと~っても甘い!!美味しいです。
小布施の栗栽培は、室町時代にさかのぼるとか。江戸時代には将軍に献上され、“小布施栗”として全国的にも知られるところとなったそうです。こんな長い歴史があったとはびっくりです!御膳には、茶わん蒸し、お吸い物などもついて大満足な内容。
落ち着いた空間で、庭を眺めながらの食事は、とても気分がよく最高でした♪


お腹もいっぱいになったところで今回の旅はおしまいです。
次回は、春爛漫の花のまち・小布施を紹介します。きれいで可愛らしいお花がいっぱい♪お楽しみに!

※今回の取材にあたり、北斎館の館内と岩松院の「八方睨み鳳凰図」については、特別の許可をいただいて撮影しました。

■取材こぼれ話
私が小布施を訪れたのは、4月の終わり。岩松院では、こんな素敵な景色に出会うことができましたよ。
青空の下、山を背景に桜や花桃の花が咲きほころび、北信濃の春らしいのどかで美しい風景が広がっていました。
空気も澄んでいて、本当に気持ちがいい!ずっとここにいたくなるような気分になりました。
思わず深呼吸をしちゃいましたよ。
この花が咲く頃、再び訪れたいと思いました。


LINEで送る

このブログのトップへ