い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 苗木のスクールステイ(伊那西小)

苗木のスクールステイ(伊那西小)

林務課です。

先週の4月18日、伊那西小学校みどりの少年団が「苗木のスクールステイ」のドングリの種まきを行いました。

「苗木のスクールステイ」は、平成28年春に長野県で開催される『第67回 全国植樹祭』の記念樹や地域の緑化木等の苗木を、みどりの少年団や学校で育てていただくキャンペーンです。

今年2月から来年の平成27年3月末日まで、「苗木のスクールステイ」の参加校を募集しています。

参加の申し込みをすると、1校あたり約20個の生分解性ポットと土のセット、そしてドングリが届きます。
 


早速、2月に応募してくださった伊那市の伊那西小学校みどりの少年団。今回のドングリの種まきに、全校児童63人全員で取り組みます。

まず、上伊那地方事務所の林務課職員による、ドングリの植え方と苗木の育て方のレクチャー。作業の説明に、みんな、真剣に耳を傾けています。

いよいよ、ドングリの種まき開始!ちょっと大きめのクヌギのドングリです。教わったとおりに、上手にできるかな?

土に指で穴を3つ開けて、穴の中にドングリを横向きに置いたら、隠れるまで土をかけます。

ドングリをまきおわったら、水をたっぷりかけて出来上がり!

2年後の全国植樹祭開催に合わせて植樹されるまで、学校で大切に育てられます。


早く芽が出るといいですね~。

ドングリの種まきは、今年(平成26年)の春と秋に実施。今年の秋と来年(平成27年)の春は、小さな苗木の植え付けとなります。

長野県内の主にみどりの少年団や小中高校、短大・大学、専門学校等がご参加いただけます。52年ぶりの長野県での全国植樹祭。記念に、苗木を育てるところから参加してみませんか?今年秋には、ご家庭や企業でご参加いただける「苗木のホームステイ」が始まります。

詳しくは、お近くの地方事務所の林務課までご連絡いただくか、長野県のホームページをご覧ください。


みんなで、長野県での全国植樹祭を盛り上げていきましょう!

1 2

このブログのトップへ